コンテンツ

  • オシゴト商店街
  • ブローグ横丁
  • メモリー寫眞館
  • ワビサビ銀座
  • スマイル書房
  • ピコパコ電子書籍製作所
  • ハロー画廊
  • お知らせ掲示板

スマイル書房

『のぼうの城』 (小学館)
買い取ってやる度
★★★☆☆

エンタメだもの

今、週に一度の楽しみが大河ドラマ「黒田官兵衛」。
賛否はあるらしいが視聴率は概ね15〜20%をキープしてるとか。

というわけで今回は戦国モノ。
本屋大賞で話題の和田竜の「村上海賊の娘」・・・の前作「のぼうの城」。(「の」ばっかり)

官兵衛に出てくる豊臣秀吉、石田三成も登場する。

舞台は武蔵国・忍城(おしじょう)。
兵500名の小城ながら数万の豊臣軍でも落城できず、
その逸話はさまざまな作品の題材になっている。


内容は主人公を含む少数精鋭が敵の大軍と戦い、
少数軍が奇策や奇襲、あれやこれやで奇跡の逆転を収める・・・
というどこかて聞いたような王道パターン。

登場人物もかなりデフォルメされていて、良くも悪くもマンガっぽい。
マンガっぽいからサクサク読める。
全くアタマは使いません。


このテの作品は史実に沿っていないだとか、時代考証がなってないだとか、
特に時代小説ファンからクレームがつきもの。

実際、Amazonには酷評している人もちらほら。

でも、小説ってエンターテインメントでしょ、と。
史実と違っていようが、楽しませ人が勝ちじゃん、と店番ヒロナカは思うのです。

映画の方はんー、イマイチ。
どっちが先?と言われたら映画→小説でお願いします。

このページの先頭へ