Facebook
instagram

ブローグ横丁

2017年11月15日 自分を鼓舞するためだけに、アップしています。

おつかれさまです、佐藤です。

人には年に一度、
乗り越えなければならない、大波がやってきます。
「年末進行」という名の、高い波が.........

船出前、なんと言っても大切なのが自己暗示。
自分を信ずる心なのです!

- - - - - - - - - -
できる。
佐藤ならやり遂げられる。
(自己暗示)
- - - - - - - - - -
何より肝心なのは、
「必ずややり遂げてみせる」という強い気持ち。
(自己暗示)
- - - - - - - - - -
止まない雨はない。
終わらない組版もない。
(自己暗示)
- - - - - - - - - -
千里の道も一歩から。
12P+40P+48P+冊子&Webも、1ページの組版から。
(自己暗示?)
- - - - - - - - - -
頓挫がなんだ。
「TONZA ga NANDA」

ローマ字にすることで衝撃が緩和。(自己暗示)
- - - - - - - - - -
みんな(木村裕司・岡本一宣・鈴木一誌・戸田ツトム・杉浦耕平、タイトルは平野甲賀)
オラに元気をわけてくれ!!!

- - - - - - - - - -
「大丈夫。いつも俺(←InDesign先輩)が、そばにいるから」
(InDesign先輩は、脳内では堺雅人の学ラン姿)
- - - - - - - - - -

......というわけで、いざ出航。
必ずや、目的地に辿り着いてみせる!ふがー!

『サカバナ』にご寄稿くだすった
河﨑 秋子氏の新刊『肉弾』
業務に忙殺され、全然読めない.........
う〜〜〜...。

kawasakisan.png

現状、完全なる"積ん読"。
武ちゃん"北海道"命名150thアニバーサリー」に向けて(?)購入の、
『静かな大地』も読めていない。


父と子、そして、
自然の脅威と、野生に対峙する人間。

最近、ヘミングウェイ(父と子の構図)と、
ジャック・ロンドン(自然・野生の脅威)を読んだので、
いま自分が巡り会うべき本なのだな、と勝手に感じております。
(帯しか読んでいないくせにな)

年内、読めるのか。
というか、とりとめの無さが甚だしい内容だな。


さあ、仕事するか。
がんばれ、自分!!!

コメントを投稿する

このページの先頭へ